ネタバレ・感想

僕らは恋がヘタすぎる|第20話のネタバレと感想

電子書籍サイト「コミックシーモア」の恋するソワレ作品として連載中の「僕らは恋がヘタすぎる」第20話のネタバレと感想です。

文字のみですが、ネタバレ注意です!

\無料登録で少女漫画にも使える600Pが必ずもらえる/
U-NEXTで「僕らは恋がヘタすぎる」を無料で読む
※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

僕らは恋がヘタすぎる|第20話ネタバレ

#20 恋は私に向いてない

花は、みずきに言われた「相談しているうちに、成田のこと好きになったらどうするの?何かあっても知らないからね!」の言葉を思い返していた。

そして、なんで成田くんへの相談なのかなぁ?・・・と。

考えていても答えは浮かばず、前田さんと奏多との打ち合わせになっていた。

会議室へ向かうとそこには、成田と一緒に選んだ服を着ている前田さんがいた。

花は「可愛い!」と絶賛。奏多の反応はどうだった?と聞きます。

しかし、奏多は朝から別の取引先に行っていたのでまだ会っていないとのこと。

遅れて会議にやってきた奏多は、前田さんのことをちらっと見るものの反応なし。

あまり反応しない、前田さんに対しての素っ気ない態度に花はすかさずフォローするも…。

前田さんは、奏多のリアクションが薄く冷たい態度に「似合ってなかったんだ」と落ち込みます。

それでも気を取り戻して、奏多の元へ行きます。

奏多は奏多で、彼女のいる成田と二人きりで出掛けた前田さんに対してもやもやしていて…。

思わず前田さんに「彼女がいる人と二人きりででかける光はおかしい」とばっさり言ってしまいます。

その奏多の言葉に焦り、怒らせてしまったとどうしたらいいのか分からない前田さんは成田に「相談したいことがある」と連絡するものの

成田からは「一対一で協力するのは無理だ」と返ってくる。

1人で考えても解決できないから頼っているのにと、前田さんは落ち込み「自分に恋愛なんて無理なんだ」と涙をこぼします。

場面が変わり、仕事終わりの花と成田。

花は成田へ、前田さんと奏多のことを話します。

そしたら、成田は相談したいとメールがあったこと、そしてつっぱねたことを言います。

花は「なんで!?」ひどいという顔をします。

成田は「花が大事だから、花が嫌がることをしたくなかった」と。

花は嬉しい反面、前田さんのことを思うと複雑で・・・。

花は成田にやっぱり協力してほしいと頼みます。

成田はすぐに前田さんに連絡します。

2人の電話のやりとりを聞いていた花は、あるところに引っかかって・・・

成田が発した前田さんに対して「グダグダ女々しくなくてよかった」との言葉で。

花は「え?前田さんは女々しくなくていいってこと?私はどうなの?」っと思ってしまいます。

そして次の日、再び前弾と打ち合わせがあり、その帰りにみずきとばったり遭遇します。

みずきとのやりとり、みずきとすっかり打ち解けた前田さんに、花は昨晩の不安やみずきに言われた忠告を思い出して

モヤモヤが加熱してしまって…

コミックシーモアなら最新刊も半額価格ですぐに読める!

僕らは恋がヘタすぎる|第20話の感想

今回も前田さん重視のストーリーが展開されていきました。

そして花が今まで意識することがなかった「相談するうちに成田くんのことを好きになったら?」という不安を鮮明にしてしまう描写がとにかく多かったです。

花はこの不安にどう向き合っていくのか?

そして、前田さんと成田の関係は?成田は花の抱える不安に気付くのか?

次回はどんな続きになるのでしょうか…。

【初回7日間無料で読み放題】シーモア読み放題フルなら僕らは恋がヘタすぎる第1巻~22巻まで無料で読み放題!

  • NTTグループが運営する定額電子書籍サービス
  • 月額1,480円で漫画や雑誌など8.2万冊以上が読み放題
  • 初めて利用する方は7日間無料
  • キャリア決済またはクレジットカード決済で、登録は最短1分程度

僕らは恋がヘタすぎるの第1巻~22巻まではシーモア読み放題フル対象作品なので、まとめて無料で読めるという仕組みです。

月額1,480円で、「僕らは恋がヘタすぎる」だけではなく、他の「恋するソワレ」作品や少女漫画も併せて無料で読めちゃうのは嬉しいですね。

定額で少女漫画から女性漫画・TL漫画、さらに雑誌まで多彩なジャンルが読み放題で楽しめるサブスクリプションをお探しの方に特におすすめです。

\ おうちで漫画を好きなだけ無料で楽しむ /

 

ABOUT ME
今日は何の漫画を読む?編集部
今日は何の漫画を読む?編集部
少女・女性向け漫画に関する最新情報(無料で読む方法・あらすじ・ネタバレ・最新刊発売日情報など)を毎日配信中です。人気作から話題作、ぜひ注目して欲しい作品まで完全網羅できるように発信していきます!
あわせて読みたい